音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

kocorono [最終盤] / bloodthirsty butchers (2016 CD-DA)

吉村はもう逝ってしまったけれども、間違いなくその魂はこの音盤の中に怨念のように詰め込まれている。名盤と語るのも恥ずかしいほどの名盤。この作品があったからこそ生きていられた時代が自分にもあった。

その時代の自分から見れば、今の自分はもうナマクラな存在であるかもしれないけれども、その自分と今の自分とを橋渡ししてくれるのが、この作品であることは間違いない。今聴いてみても、ただ自分を精神的に痛めつけることだけを生きる糧としていた時の、あの姿、風景、心情が蘇り、そして剥がれ落ちたかさぶたの痕のように肌にこの音が刻まれていることがわかる。

もう何度同じセリフを繰り返したのかも忘れてしまったけれども、本当にこの作品を残してくれてありがとう、ブッチャーズ。