音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集より第5番 / グルダ, シュタイン, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1971/2016 SHM-SACD)

本日のクラシックタイムに。

これで収録曲を全て聴いた。印象に残ったのは4番かな。1番から3番までを一気に駆け抜けて聴いてしまったので、その辺、また機会があれば聴き直そうかと。ベートーヴェンのピアノ協奏曲をここまでお気に入りになるとは思わなかった。いや、むしろ、クラシック全体としてピアノ協奏曲が自分の好みに合うとは思っても見なかった。クラシックは奥が深いので、その森を分け入って進むのが結構面白くなってきたのでありますよ。