音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Fantôme / 宇多田ヒカル (2016 ハイレゾ 96/24)

久しぶりに真剣に向き合って聴いた。やはり重い。宇多田ヒカルは重い。表層的にはそう感じさせない明るさを演じることも出来る人なのだろうけれども、その本質は非常に重く暗く深い。聴けば聴くほどにそう言った点が伝わってくるから、なかなか容易には手を出せなくなっていくんだよね。歳を重ねるごとに、人間としての絶望の皮を剥いていくイメージがある。いや、実際にそうなのだろう。またしばらくは封印していてもいいかもしれない。