音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Distance / 宇多田ヒカル (2001 FLAC)

雨が上がるまで荷出しが出来ないので、リケーブルを堪能し続ける。もうこうなったらギリギリまで粘りますよ。

で、宇多田ヒカルのこの作品。最初の3作の中では最も聴く回数が多いアルバム。あまりヘビーではなく、かつ作曲術も練られてきた、いいあんばいの作風が好み。この作品でもこのケーブルは実力をしっかりと発揮してくれますね。アタックが明瞭、ボーカルもクッキリ。どんな音源を鳴らしても安心して楽しめる。本当に素晴らしい。