音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

田原俊彦A面コレクション / 田原俊彦 (1986 FLAC)

寝落ちの魔の手を上手くすり抜けながら、ここまで辿り着いた。多分、この次のアルバムで落ちる。

それはともかく、こうやって田原俊彦のヒット曲を聴いていてふと思ったことがある。

自分の音楽経験で何が幸いしたかというと、小学生の頃にメインで聴いていた邦楽ヒット曲のアレンジが、今聴いてもとても素晴らしく、そういった楽曲を浴びるように聴いていたので、それが自分の礎になっているということなのだろうと。三つ子の魂なんとやら、でありますな。