音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

大空で抱きしめて / 宇多田ヒカル (2017 ハイレゾ 96/24)

もうここまで来ると、宇多田ヒカルには「ネクスト・フェーズ」などと言うものはなく、ただ本人が作りたいままに曲を作っていくだけの孤高の存在になってしまったのだなと、ただその音楽人生を見送ることに専念しようと思わされるのですよ。

もう、こんなアーティスト、しばらくは現れないよ。いや、むしろもう現れていないのか。結局宇多田ヒカル宇多田ヒカルという確固たる一存在なのだな。