音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

醒めない / スピッツ (2016 FLAC)

じっくりと聴いたのだけれども、草野マサムネって、こんなにザラッとした声質だったっけか?ザラッとしているのだけれども、この声であるがゆえに、独特の「どこかへ連れ去られてしまいそうな」感覚が生まれるんだよね。「現実味を帯びた声ではない」という表現が正しいかどうか。なんだか向こうの方向へと引きずり込まれそうな気分で聴いていた。