音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Brotherhood / B'z (1999 FLAC)

さて、土曜日朝のクラシックタイムはここまで。休日に備える柔軟体操は終わった。

で、B'z。この作品はB'zのカタログの中で最もまとまりのよいアルバムだと思っている。あとこれと『LOOSE』(1995)ね。硬派な前者に軟派な後者。そのカラーの違いも面白い。

これ以降の寄せ鍋のようなアルバムもそれはそれで魅力あるものだけれども、かっちりとまとまった作品だからこそ長く聴き続けられる味があるわけで。

Brotherhood