音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

NOCTURNAL / Jakob Lindberg (2018 SACD)

邦題『夜の曲』。16世紀から20世紀まで、幅広い年代のリュート曲(編曲)が集められている。

夜の空気に染みこんでいくかのような、リュート単体の柔らかい響きが耳に心地よい1枚。ギターよりも音のボディは軽く、しなやかに音が伸びて行く。

夜の音楽で部屋を満たしたいと思えば、このディスクを。心を邪魔する要素は何もなく、ただ静かに音が紡がれていく。

Nocturnal -Sacd-