音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベルリオーズ:幻想交響曲 / パーヴォ・ヤルヴィ, シンシナティ交響楽団 (2001 SACD)

オーディオ師匠仕様の電源ケーブルにしてから初めて聴くディスクだけれども「え?SACDってここまでふくよかに音が鳴るものなの?」と目から鱗。とにかく音場が広い。空間処理も心地よい。こりゃ、本当に同じケーブルを作ってもらわないとあかんですな。

しかし、ちょっと気を抜くとすぐに場面が変わっている、目まぐるしい楽曲だよな、これ。