音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 & チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 / リヒテル (1959,1962/2015 ハイレゾ 96/24)

チャイコフスキーがもうたまらない。

オケもノリにノリまくり、ピアノもノリにノリまくり。強烈な打鍵で曲を盛り上げるったらありゃしない。で、よくよく見れば、指揮はカラヤンじゃありませんか。本当にこの人は(溜め息)。

もう、キメッキメですよ。これでもかこれでもかと言うほどに、テクニカルにキメる。テクニカルと言うよりもメカニカルなのではないかと言うくらいの、オケとピアノの歯車の噛み合い方。ピアノ協奏曲界のピタゴラ装置ですよ、これは。聴き終えた瞬間に思わず拍手。やっぱりリヒテルの演奏は自分の好みなのだな。この硬めのタッチが。