音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Stones and Eggs / 佐野元春 (1999 FLAC)

TuneBrowserのジャケットシャッフルで目に止まったアルバムを。

うん。やっぱりこの作品は小粒ながら、意外とやるアルバムだわ。佐野元春が一番声が出ていない時期の作品だろうけれども、それを補っても有り余る不思議な勢いがある。リアルタイムではよく分からなかった良さが今頃になって伝わってくる。なんだろう。妙にポジティブな佐野元春とでも言えばいいのかな?