音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

J.S.バッハ : 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ (Disc 1) / イザベル・ファウスト (2012/2018 SACD)

本日の朝一に。

一見すると辛口に見る演奏なのだけれども、懐が広い分、聴き手のイマジネーションを入り込ませる余地がたっぷりとある素晴らしいヴァイオリン・ソナタ。聴く度に何かが耳の中でほぐれていく感覚になる。

J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ BWV.1001-BWV.1006 (全曲)<アンコール・プレス完全限定生産>【SACD Single Layer】