音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ハイドン&ボッケリーニ:チェロ協奏曲 / シュタルケル, ジュリーニ, フィルハーモニー管弦楽団 (1959/2017 CD-DA)

いつ買ったんだよ、これ。これがCDラックにあることは自覚していたけれども、中身をろくすっぽ見ないで収納しっぱなしだったのだよな。改めて中身を見ると、これまたチェロ協奏曲の宝庫じゃないですか。正直、録音とマスタリングのクオリティはそれほど高くはないけれども、十分に音楽として堪能出来る内容になっておりました。

自分は本当に何をやっているのだね…。