音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ブルックナー:交響曲第4番 / ヴァント, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1998/2019 SACD)

か、買っちゃったよ…。

買ったからには聴くしかないよね。1990年代後期から2000年代頭にかけてのオケによるブルックナーがどのようなものであるかを。

と言うことで今聴いております。感想はまぁ、のんびりそのうちにまた聴いたら書きますよ。今のところ、なんか、すっきりリッチな感じ?端正な勇ましさ?