音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

NOKKO'S SELECTION,NOKKO'S BEST / NOKKO (2006 FLAC)

結局、映像物を観るのは見送って、音を聴くことに専念。

そこでふと思い立って、まだこのシステムで聴いていない音源をザッピングして聴いてみようと、あれこれ聴いているうちに気がついた。

「自分、やっと平常心を持って、このシステムから出てくる音に向き合っているな」と。

これまではちょっとした躁状態でオーディオに対峙していたのですよ。出音の全てに対して「すげー、すげー」と喚きながら、ハイになっていたのですな。今日はなぜか冷静でもなくハイでもなく、本当に平常心を持って音楽を聴いておりました。やっと落ち着いて来たのかな。

で、NOKKO。これもまだこのシステムで聴いていない音源で、ザッピングしているうちに結局Disc1を一通り聴いてしまった。GO HOTODAのリミックスとマスタリングが、結構いい具合に映える音になっていて、聴いていて面白い音源なのだよね。で、それと同時に、この当時の割には相当に凝った音楽を演っていたのだなと、今頃になって気がついてみたり。

確かに舵を取っていたのは屋敷豪太だったわけで。当時はその凝った部分まで見抜ける力がなかったのだな。

ま、そんなこんなで。