音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 / コジュヒン, シナイスキー, ベルリン放送交響楽団 (2016 SACD)

これが今日のラストかな。

最後にピアノ協奏曲を聴こうと、ギレリスのチャイコフスキーを取り出したのだけれども、ちょっと圧が強すぎた。もう少しソフトな物をと思い、このコジュヒンを。

この適度な圧力のタッチが、クラシックを連続で聴いてやや疲れた耳には程よく響く。時にリリカルなプレイもまた美しさを演出していてよろしいのではないかと。オケも力みすぎず、良いあんばいにピアノを盛り立てているので、全体を通して爽やかに聴きやすい。