音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

the BADDEST / 久保田利伸 (1989 FLAC)

あえて最新の『BADDEST』ではなく、オリジナル?の『BADDEST』を。本日は古い録音がどんな音で鳴るかを探訪しております。

で、思っていたよりも録音の古さを感じたよ、これは。おそらく最新のものに耳が慣れてしまっているから、その音圧が耳にこびりついているのだろうね。録音の古さは音の軽さ。どこか中抜けしているような音に聞こえてしまっていた。

まぁ、音質がどうこうよりも、収録されている楽曲のカッコよさで全てはカバーされてしまったのだけれども。

やっぱりこの時代の久保田利伸は、どことなく歌謡曲のエッセンスを残しながらもブラックという、本当の意味でのオリジネーターであったと証明されたわけでありまして。この人が日本に現われたからこそ、その後黒さを携えた男性ボーカリストがニョキニョキと登場し、そこそこヒットを飛ばしては、すっと消えていったものであります。

あ。次、あれ聴こう。