音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

春うた、夏うた。~どんなときも。 / 槇原敬之 (2013 FLAC)

槇原敬之はね、ウジウジしたラヴソングこそが真骨頂だと思うのよ。過去の女性を思い出してしまう自分が情けないとか、怖いとか。君が好きになるのが怖いだとかなんだとか。

オンリーワンだとかなんとか歌って欲しくないのよ。あの風体でウジウジウダウダ歌っている、そんな槇原敬之が好きなのよ。

なんてことをつらつらと考えながら聴いていた次第。

結論。「Witch hazel」は名曲中の名曲だね。