音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第5番 / コリン・デイヴィス, ロンドン交響楽団 (2003/2016 SACD)

続いてはコリン・デイヴィスのそれを。00年代の録音。あまり耳を通してこなかった音源。

これはクラシック音楽ですね。それも正当派の。

なるほどあまり自分がこれを聴いてこなかった理由はここにあるのだなと実感した次第。悪く言えば四角四面に聞こえるのです。もちろん悪い演奏ではないのですが。

先に聴いたシベリウスが実物を見ているようだとすれば、こちらはカタログを見ているような感覚。精巧に描画されているのだけれども、手に取れないもどかしさがあるかのような。

いや、これはこれで今聴いておいて良かったと思いますよ。聴き比べようというモチベーションがある時でもなければ、やはり耳を通さずにいただろうから。