音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

bird / bird (1999 Apple Music)

どうしても聴きたくなったので。

しかしどこまでも静かな熱を孕んで今にも爆発しそうな緊張感を保っている作風がたまりませんな。

非常に聴きやすい作品なのに、一本の緊張の糸がピーンと張っている。それこそがこのアルバムの最大の魅力。

20年前には気がつくことの出来なかったその緊張感を今なら耳から自然と取り込んだ上で、1枚のアルバムとして楽しむことが出来る。

そう、音楽に賞味期限などは存在しないわけで。それがあると思いこんでいる場合、音楽はあくまでもその人の時間とともに通り過ぎるだけの存在にしか過ぎないということでもあり。

おっと、話が逸れたよ。

bird