音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

飛行夢 / ZABADAK (1989/2012 SHM-CD)

ZABADAKのMOONレーベル所属時の作品は、リマスタによってここまで深みを持った音になったのだな。

それにしてもこの「トラディショナル」なメロディになる寸前で、現代のポップスとしての矜持を保っている、そのバランス感覚は唯一無二の存在であったことを改めて実感させてくれるのであります。

それこそがZABADAKの音楽に郷愁感を持たせている貴重なスパイスだと思うので。

MOON YEARS