音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

FOR YOU / 山下達郎 (1982/2002 FLAC)

シティポップにとって1982年というのはどこか大きな意味を持つ年だと思うのだけれども、山下達郎はもうその時には完璧なプロフェッショナルとして、どこか微妙にアマチュアイズムやアンダーグラウンド、インディーズ感漂うシティポップの世界からは脱却していたのだなと、改めて。