音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

無罪モラトリアム / 椎名林檎 (1999 FLAC)

合間合間に休憩をはさみながらMDR-M1STにて。

音の歪みが雑味ある歪みではなく、音楽としての歪みとして表現されるあたりが面白い。その歪みがどのように表現されるかを確認したく、このアルバムを再生した次第。

パンチはあるけれども、破綻は起こさない歪み、とでも言いましょうか。