音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&第3番 / ジルベルシュテイン, アバド, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1994/2018 CD-DA)

アバド&ベルリン・フィルの60枚ボックスセットより。未聴のディスクを発掘しようの会でなんとなくチョイス。

ジルベルシュテインと言う名は初めて知った。男性の力強さとはまた雰囲気が変わって、強弱をはっきりと打ち出した、リリカルな演奏と言う感。

こんなラフマニノフも僕は持っていたのか。まだまだお宝がラックの中に眠っていますな。