音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:ピアノ協奏曲&ショパン:ピアノ協奏曲第2番 / アルゲリッチ, ロストロポーヴィチ, ワシントン・ナショナル交響楽団 (1978/2019 SACD)

アルゲリッチのギリギリのところまでドライブさせるピアノが魅力的。スリリングなんだよね。よい意味での瓦解寸前まで追い込むかのような演奏がなんとも。