音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

PASSION BLUE / 土岐麻子 (2019 ハイレゾ Amazon Music HD)

本日の朝一に。

土岐麻子は過去に1回聴いたことがあるようないような、その程度。

現代のシティポップを象徴する存在とのことなのだけれども、少なくともこのアルバムを聴いた感じでは、その「シティポップ」という冠は取り払って聴いた方が健全なのではないか?と思った次第。

よく構築されたポップスであることよ、と思ったわけですよ。だからこそ邪念的なイメージがない方が、すんなりとその音楽に耳を傾けることが出来るのではないか、とね。