音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Covers / 清春 (2019 FLAC)

今年「なんかいいな」と思いながらも再生回数を重ねきれなかった1枚特集。もう「特集」にした。

で、本作。

自分がカバーアルバムを高く評価する際の基準は、次の2点。

換骨奪胎を施しながらも原曲のおいしいところを引き出しているカバーか、原曲に忠実でありながらもそのシンガーならではの歌への愛情が感じられるカバー。

清春のこれは圧倒的前者。トラックの音数を極限まで削ぎ落とし、ボーカルスタイルは清春のそれ。これが換骨奪胎と言わずして何という。

1曲目「傘がない」のボーカルが入った瞬間から、グイグイとこの歌の世界へと引きずり込まれる。もう定番中の定番、スタンダードナンバーとなっているこの曲に、全く気がつかなかった角度から光を当てて、曲の絶望感、その影を強く描いている。その他の曲も同様。

映し出された影に曲のエッセンスを詰め込む歌唱法とアレンジが、これまでにはなかった「黒い」カバーアルバムを作り上げることに繋がっている。中途半端を一切排し、シンガーとしての強み、その全てを振り絞って焼きつけた歌たちがここにある。

Covers(通常盤)