音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第2番 / ヤルヴィ(パーヴォ), パリ管弦楽団 (2018 SACD)

シベリウスやドヴォルザークは、その土地や自然や、もしかすると歴史にも意識を飛ばして聴くことで、その世界へと浸ることのできる度合いが深まるような気がしているのだよね。

それはあくまでも聴き手がどう解釈するかであって、実の所、演奏家がコントロールする話ではないような気もしてきた次第。もちろんそれらは味付けにはなるのだけれども。