音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

球体 / 三浦大知 (2018 FLAC)

指先が大気に別れを告げる瞬間
彼方の月
その姿が大きく滲んだ

溶け行く先
容れ物の形は何物にもとらわれず
ただ沈み行く力に任せては
己の溺れ行く様を見つめる

遠くからの目

接面に洗われる身体が感じた温もり
懐かしさの温度

開かれた扉
知らずにさえいれば
この慈しみに心さらわれることもなかったろうに

さまよい続ける汽水
笑みよ、全てを忘れさせて
声よ、この耳から消えないで
姿よ

告げた言葉が枷となり
沈み行く
ただ沈み行く

この背が終わりを覚える前に
これほどまでに不自由な言葉、止めて

生まれ変われない世界と姿なら
いっそ現をやめて、
やめてください

色の交わらない世界だと言うならば
いっそ現をやめて、
やめてください

- cut20190525 -