音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

時のないホテル [Remastered 2019] / 松任谷由実 (1980/2019 ハイレゾ Amazon Music HD)

コロコロと意見が変わっていることは自覚しておりますが、やはりユーミンは儚い楽曲こそが真骨頂であると思ってしまうのですよ。

もちろん明るくハッピーな曲もユーミンワールドの一端なのは認めるのですが、少し死の匂いが漂うってくるような儚い曲を書くと本当に消えてなくなりそうな雰囲気を作り出すのが上手いSSWであると実感するのです。

そう言う意味ではこのアルバムのラスト2曲は白眉ですね。