音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番≪皇帝≫ / ギレリス, セル, クリーヴランド管弦楽団 (1968/2015 SACD)

鍵盤にガッチガチに力を込める、ギレリス特有の演奏。それを重厚に脇から固めるセルとクリーヴランド管。それならば重苦しいものになりそうなものの、後味爽やかという、不思議な演奏。ギレリスもセルも歯切れの良い演奏だからそう感じるのかもしれない。

ギレリスはしょっちゅう聴いてると辛くなりそうだけど、少し気合いをもらいたい時には丁度いい具合に感じるのだよね。完全に弱っている時には絶対に聴けないプレイだけれども。