音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

私の声が聞こえますか / 中島みゆき (1976/2018 HQCD)

中島みゆきマラソン始めます。

1976年の1st。

中島みゆきは初めから中島みゆきであった。と言ったら、あまりにもおざなりな感想だろうか。今と決定的に何かが異なるとすれば、線の細さ。

原点はフォークにあったと言うことが明確に分かる仕上がり。そして驚異的に捨て曲なし。シンプルながら、ジンワリと心に入り込むような楽曲が並ぶ。朴訥と表現してもよいか。

「中島みゆきは暗い」と言われるが、それはどこから導かれたイメージなのか。この後、徐々に掘り下げてられていくことになるかもしれない。

1stでこれだ。この後、聴きごたえのある作品が並んでいるに違いない。

なお、このマラソンは18枚続きます。この日曜日までに終わるかどうかは不明。