音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

愛していると云ってくれ / 中島みゆき (1978/2018 HQCD)

中島みゆき4th。

ボーカリゼーションに中島みゆき独特のこぶし回しが入り始める。ロック色も加わって、今の中島みゆきの原型が現われつつある作風。

それよりも何よりも、出だしの朗読に度肝を抜かれる。こりゃ確かに恨み節の中島みゆきだわ。むしろ怖い。これはサイコパスですよ。

そして自己溺愛の至りとも言える、自暴自棄的な歌詞が増えてきたような気がしてならない。何かを捨て去るかのような歌詞とでも言えばいいか。

なお、ここまであえて歌詞カードは見ずに聴いております。どのように歌詞が展開するかが楽しみなのでね。

色々な意味で「様になってきた」作品。