音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

マーラー:交響曲第5番 / インバル(エリアフ), 東京都交響楽団 (2013 SACD)

こちらも自分にとっての衝撃的な原点。これを山荘オーディオ合宿で聴いた時の衝撃は今でもはっきりと覚えている。

その後、色々なマーラーを聴き、この演奏よりも好みの演奏も見つけ出したけれども、やはり原点はこれ。スッキリしてスマートなマーラー。そして、これが日本人による演奏だとはにわかには信じがたい抑揚と表現。

原点と言うものは本当に「戻ってきて安心出来る」存在であるなと実感。やはりカッコいいのですよ。