音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

春うた、夏うた。~どんなときも。 / 槇原敬之 (2013 FLAC)

飛び込んできたニュースに、「またか」と思うと同時に「やはりそう言うものなのか」とガッカリしながら再生。

それは意志の弱さやそこから逃げることの勇気などが必要だったのではなく、人間として、また一人の芸術人として、あまりにも純粋すぎたのだろうと思うことにした。

聴けば聴くほどに、その感性の強さと純粋さに、本当にそう思うより他になかった。