音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

The Golden Oldies / 福山雅治 (2002 FLAC)

2002年当時から再生回数を重ねてきたアルバムではありますが、このところご無沙汰でありました。

昨晩のこと、メインシステムで聴く音楽のネタが尽きたので、適当にガラガラポンでこのアルバムを選んで再生して、あれま、腰を抜かしましたよ。

録音がとにかく良いのです。一発録りと思わしき録音が、スタジオライブレコーディングの雰囲気を伝え、各楽器の定位も明確。音数が少ないことが幸いしてか、空間的な音場も広く確保されて、聴きごたえ十分。

そして、朝、今はサブスピーカーである5cmフルレンジのスキャンスピーク君で聴いていますが、このニアフィールドリスニングでも、その素性の良さはしっかりと伝わってくる。

これはあまりにも意外な発見、発掘でありました。

このアルバム、こんなに音が良かったのか…と思うと同時に、今まで一体何をやってきたのだという思いと、これをここまで再生するDACとアンプの組み合わせに改めて敬意を表するわけであります。

ほんと、18年間、気付かずにいたのね…。