音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番&第3番 / アシュケナージ, ハイティンク, ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (1985,86/2014 SHM-CD)

アシュケナージは説得力のあるピアノを弾くのだなぁ。

などと思いつつ、今日という日は残り6時間を切りました。自分にとっては節目、キリのいい年齢が今日で終わります。明日からは一気に坂を転げ落ちるのか、それとも何かしらのミラクルが発生するのか分からないアラフィフ直行便に乗り込むことになります。

そんな日に、呑気にクラシックを聴き、結局酒をチビチビと飲み始め、なんとなく一日を終えようとしている自分がここにいるわけで。

ま、そんなものですね。

もう少し何か聴きます。