音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

KEISUKE KUWATA / 桑田佳祐 (1988/2001 FLAC)

ikko OH10にて。

全体的に楽器の歯切れが良い。最初にこのイヤホンを試した際に「ドラムが元気なイヤホンだな」と思ったのだけれども、その手のアタックを得意とするイヤホンなのかもしれない。

また、この時代ならではのリバーブ感が過多にならず、心地よく楽曲全体を包み込む。

このアルバム特有の、手は込んでいるのだけれども、作り込み過ぎていないラインをしっかりと再現してくれる。いいね、これ。

KEISUKE KUWATA