音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第1番「春」&第3番「ライン」 / ヤルヴィ(パーヴォ), ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン (2010 SACD)

歌って踊ってラップもかましたら、明るく軽妙なクラシックで小休憩。

もうこう言う時に聴くしかないでしょう、これは。黄金コンビのシューマンを。努めて明るく。明るくすることに疲れない程度に。