音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 / アシュケナージ, プレヴィン, ロンドン交響楽団 (1975/2014 SHM-CD)

よくよく聴いてみると、音がコロコロ回るだけがアシュケナージではなく、プロコフィエフのオモチャ箱をひっくり返したような譜面を、半ばヤケになっているかの如く弾き倒す演奏もあるのだなと再認識。

オケもソリストも、何かしらのストレス発散になるのがプロコフィエフではないかと、下世話な事まで考えてみたりして。

いや、明らかに面倒臭そうな楽曲ではあるのですがね。