音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 / グルダ, シュタイン, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1970/2016 SHM-SACD)

午前3時。

モーツァルトを聴いてからか、グルダの演奏への印象が自分の中で少し変わってきた感がある。

演奏が優しいのですよ。力強く弾く場面であっても、決して攻撃的なプレイにならない。まろやかと表現すべきか、丸みを帯びていると表現すべきか。

このディスクはオケの良さも相まってか、安心して落ち着いて聴けるのですよね。全体的にマージンがたっぷりと取られた演奏であるとも言えるかな。心のマージン的な何かが。