音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

「阿久悠 作品集」/ ピンク・レディー (2020 SACD)

すごい…。

全体的な音質の素晴らしさもさることながら、都倉俊一のアレンジ力の凄まじさがクッキリと浮き上がるリマスタ&SACD化に感動。

ピンク・レディーに対しては曲のコミカルなイメージが先行し、それほど熱心には聴いてこなかった事実があるのだけれども、このディスクを聴くとその意識を否応なしに変えざるを得ないと。

実はピンク・レディーに対する都倉俊一のアレンジは比較的ワンパターンだと思いこんでいた側面があったのです。その意識が見事にひっくり返されましたね。実にプロフェッショナル。

素直に格好いいです。その格好良さを引き出したこのSACD化の企画にも感謝します。ピンク・レディーとそのプロダクションがここまで凄みを持ったものだったとは。

音質と言うのは、音楽を理解する上で、重要なキーになることが多々あることを痛感した次第。

f:id:particleofsound:20200421180423j:plain

www.stereosound-store.jp

ちなみに、同梱のCDを聴くと、SACDとの差は歴然であります。それでもCDにしてはピンク・レディーのこれまでのベスト盤に比較すると、格段に良質な音に仕上がってますが。