音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

FAST ACCESS / access (1993/2013 FLAC)

本日の朝一に。

この若々しい…いや、むしろ青臭い歌詞の世界観は、accessをどう評価していいのか分からなくなるポイントかもしれない。

それさえ除けば、浅倉大介ワークスの中でも本当に突出して冴えていた時代の象徴、それが初期accessのカラーだと思えるのだよね。