音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SINGLES COLLECTION+6 / WANDS (1996 FLAC)

産業音楽、商業音楽と揶揄されても、人々の記憶に残ってしまえば、それで勝ちなのだ。

媚びない音楽であると謳ったところで、人々の記憶に残らなければ、何の意味はない。

そう言う意味ではビーイングサウンドは完全に自分にインプリンティングされてしまっているので、音楽の勝ち組なのですがね。あくまでも自分の中では。