音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Hunting High and Low / a-ha (1985/2015 192/24 Amazon Music HD)

音楽のつまみ食いをするはずが、アルバムを丸々1枚聴いてしまった。a-haの代表作。

a-haと言えば当然「Take on Me」なのだが、それ以外の楽曲もシンセサウンドが美しい、エレポップの王道であることを発見。

クールなボーカルと相まって、どこまでも心地よく聴ける。メロディ、ボーカルが音の海を泳ぐように縫って縦横無尽に動き回る。

これが今まで自分が経験してこなかった洋楽の追体験なのだと、改めて実感させられた次第。

この音源は購入確定。