音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:チェロ協奏曲,チェロのための室内楽作品集 / ゴーティエ・カピュソン, ベルナルト・ハイティンク, ヨーロッパ室内管弦楽団, 他 (2019 CD-DA)

うっとりと聴き惚れておりました。

シューマンには可憐な上品さがあるよね。それを流麗なカピュソンのチェロで奏でられると、天上の音楽のような世界でありますよ。

ピアノ、ヴァイオリンとのコンビネーションも、可憐で抱きしめたくなるような感覚。

このようなチェロを弾けて、アンサンブルを奏でることが出来たら、それは相当に幸せなことでしょうな。