音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

角松敏生ワークス -GOAL DIGGER- / V.A. (2020 CD-DA)

角松敏生ワークスコンピレーション、もう1枚おかわりしました。

こちらは今井優子と中山美穂中心と言ったところで、比較的芯がしっかりしているので聴きやすさでは勝ったかもしれない。

いずれにせよ、角松敏生の手癖と言いますか、基本的にオーバープロデュースで、自分印のマーキングをしっかりと行うタイプのプロデューサであることが理解できた次第。

これはこれで資料としても面白いし、もちろん、飽きない限りは聴いていても面白い。3枚ぶっ通しで聴くからお腹一杯になっているだけの話です。