音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 / ポリーニ, アバド, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1994/2018 FLAC)

「リリカルな中庸」と言ったらポリーニファンに怒られるかしら。

これまでポリーニはそれほど聴いてこなかったのです。このボックスセットに入っていたことすら忘れていた。

中庸と称したのは、剛腕ピアノではなく、線の細いピアノでもなく、とてもお手本になりそうな演奏だと感じたから。安心して聴くことができる。

だからこそこの曲におけるピアノの立ち位置やら、意味やらの見通しがとても良いものであるように思えるのです。