音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第3番 / コリン・デイヴィス, ボストン交響楽団 (1976/2020 SACD)

交響曲には人工建造物的なそれと、自然文化的なそれとがあると前々から思っているだが、シベリウスが作るそれはまごうことなき後者。

従ってその形は自在であり、ゆえに難解に思われる箇所も多く存在するように思われる。

自然の流れのままに身を委ねることはそうたやすく言葉に出来るほど容易なことではなく、そこにはある種の開墾精神が必要であったり、堪え忍ぶことが求められたりする。

シベリウスの交響曲はそれらを表現したものであり、自然界における森羅万象との対峙、共生と言ったものが曲の中に凝縮されているように感じられるのだ。